2017年12月11日月曜日

リサイクル還元講座

干支人形絵付け

日時 12月10日(日) 10時
場所 金山公民館講堂
講師 伝統工芸士 津志田 孟 氏
共催 金山校区環境推進委員会

来年の干支は“戌”です。そこで、今年の絵付け人形は「犬筥・いぬばこ」です。
「なんじゃ?」そんな言葉を先日行った講座でもお聞きしました。、関西以北では大変人気があり、自信をもっておりましたが、失敗?でした。九州地方では馴染みがないようですね・・・
そこで 講師持参の説明書より・・・

犬の形姿を模した置物、古くは御伽犬(おとぎいぬ)・宿置犬(とのいいぬ)・犬筥(いぬばこ)とも言った。

平安朝の頃、宮中では災厄を払うためのお祓いの具として、狛犬を置いていたという。犬筥はこの狛犬を源流として生まれた。室町時代になると、犬筥は婚礼あるいは小児誕生の際、祝辞の贈り物として用いられるようになった。現在では、魔除け・無病息災・安産・子どもの成長を願うための出生祝いや初節句のお祝いとして贈られるようにもなっている。 



環境推進委員会の吉田会長より、リサイクルステーションの意義説明と活用促進のお願いの後、講師より「犬筥」の説明に皆さん納得の面持ちでした。

さて、熱心に真剣に“絵付け”の始まりです。現場の記録写真で雰囲気をお感じください。


作品「干支人形・犬筥」の完成です。
どれが見本かな?いずれも見事な出来栄えで、探すのにひと苦労?でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿